きっと・・・

どんなにものの見方を変えても、
どんなに気を紛らわせても、
変らない悲しみがある。
「どうしてよ。なんでよ。」って、
泣いても叫んでも、
スポンジみたいに、
悲しみはまたしみ込んでいく。
そんなときに思うのは、
「ただ誰かに元気になってほしい。
だから誰かに何かを歌いたい。」
どんなときもいつもそこに行き着く。
恨みつらみではなく、
それでも明日は限りないと歌いたい。
だから、「世界の約束」の歌詞も、
「いまは一人でも明日は限りない」
というところが私には心地いい。

何を失っても、どんなに年をとっても、
私の使える時間がある限り、
この気持ちだけは変らない。
だから 「きっと」 が生まれたんだなあ。

「きっと   作&歌 いしくらちか

あなたの思いが
あなたの願いが
いつか いつか 叶いますように

私の言葉が
私の声が
今 きっと 届きますように

伝いたい気持ちがある
伝えたい言葉がある
伝えたい歌がある
渡したい温もりがある

あなたの思いが
あなたの願いが
私の言葉が
私の声が
今 きっと 届きますように・・・」

http://www.youtube.com/watch?v=zzH51ySE1Eo
(はじめてのライブにつきまだまだ突貫工事中)
[PR]

by meresongs09 | 2013-03-01 10:22 | ひとりごと  

<< ひな祭り あ、これはいい >>