大事な歌詞2

あの頃のまま

6時のターミナルでふりむいたきみは
板に付いた紺色のスーツ
今でも気まぐれに街をゆくぼくは
変わらないよ ああ あのころのままさ

去りゆく若い時間をひとり止めしているようで
うらやましいやつだよとはじめて笑ってくれた

For yourself For yourself
そらさないでおくれ その瞳を
人は自分を 生きてゆくのだから

ネクタイ少しゆるめ 寂しげなきみが
馴染みの店に腰すえる夜は
陽焼けした両足を投げだしてぼくも
"Simon and Garfunkle"
ああ ひさしぶりにきく

人生のひとふしまだ 卒業したくないぼくと
たあいない夢なんかとっくに切り捨てたきみ

For myself For myself
幸せの形に こだわらずに
人は自分を 生きてゆくのだから

For myself For myself…



私は桑名晴子バージョンで聞いたのが、
一番印象深いかな。
音は時代を感じるけど、
歌詞はいつになっても響く。
[PR]

by meresongs09 | 2012-09-12 10:01 | ひとりごと  

<< 私の思い 大事な歌詞 >>