トリコロール/青の愛

映画はこうして書くことでどれかが
誰かに観てもらえたらなあと思って今日も書く。

「トリコロール/青の愛」

この映画は三部作で、
赤と白があったがどちらも印象にない。

青は何せ主演のジュリエット・ビノシュがよかった。
作曲家の夫と子供を不慮の事故で亡くした主人公だ。
家も、最愛の夫の未完の楽譜も処分してし、
友人からも去って、パリで新たな生活を始める。
しかし、夫の新曲の旋律がどうしても頭によみがえる。
夫の未完の楽譜を友人が持っていて、その協奏曲を完成させると
いっていると知って。。。
とまあこんな感じでその未完の曲が随所に流れて重厚だし、
とにかくピノシュが美しい。
フランス映画なだけあって、
脚本がピエシェヴィッチという人だが、
私は会社員のとき「ニノヤンコビッチ」
(旧姓にちなんで)と呼ばれていた。
[PR]

by meresongs09 | 2012-03-16 00:10 | ひとりごと  

<< ツインボーカル 絵本 >>