ピアフ

「エディット・ピアフ 愛の讃歌」を見た。
晩年のインタビューの中の言葉はこうだ。

夜は好きかときかれ
「好きよ たくさんの光があれば」
夜明けは
「ピアノと友人がいれば」
夕方は
「私たちには夜明けよ」
女性に助言するなら
「愛しなさい」
子供には
「愛しなさい」

ラストの歌い上げる曲の歌詞もえぐられる。

いいえ 後悔していない
私は何も後悔していない
人が私にした いいことも悪いことも
私には同じこと
代償を払い すべて清算したの
私の人生も喜びも今始まるの 
あなたとともに・・・

47歳でこの世を去った小さく偉大な雀(ピアフ)。
[PR]

by meresongs09 | 2012-02-20 10:09 | ひとりごと  

<< 小さいもの倶楽部 小さい! >>