意外と

一人っ子だった私は、大人中心な暮らしで育った。
そして間違いなくこまっしゃくれていった。
気づけば同年代の人間に馴染めず、たいていは一人で行動していた。
群れられず、赤毛のアン顔負けの空想癖と、自分の世界にあきるということがなかった。
だから習い事も一人。
学校でも一人。
家でも一人。
それしか知らないから、苦にもならず、競争なんてする気もなかった。
それが、また評価されたりして大きく勘違いした。
で、会社という世界で打たれた。
何にもできない。
何にも知らない。
そこで、書くことも、食べることも、みんなかなり遅いとわかった。
で、だめだめな私は大人になって、初めてまわりをみて、しかられまくって育てられた。
だから自分と違う他人様がすげーって思うし、貪欲に食いついてしまうのかもしれないなあ。
外国人には非常に好まれるが、日本人にはびっくりされる。
関わってる皆様
食らいついたらスミマセン
ガルー!
[PR]

by meresongs09 | 2012-02-14 23:40 | ひとりごと  

<< 213 でね >>