歌うこと

自分が歌うことの意味が
感じられなくなるときが何度もくる。
歌いたくないときに、明るい曲を
歌わなければいけなくて
泣きながら歌ったり。
声をからしてステージにあがったり。
歌い終わってお客様の反応に
打ちのめされたり。
あるときは、
前奏が始まって歌いだす瞬間まで、
どんな歌だったかすら出てこなかったこともある。

それでもなんでも
歌うことをやめなかったのはなんででしょう。。。

「歌って」と誰かが私にいってくれるのです。
「あなたに歌ってほしい」と。

今でも子供に見せたいのは、
どんなときも歌い続けている私の後姿です。
メジャーになるわけでもなく、
甘々チュアな私ですが、
皆さんにたたき上げていただいた筋金は
今もまっすぐ通っているのです。
それが私の生きるあかしなのです。。。
[PR]

by meresongs09 | 2012-01-26 10:03 | ひとりごと  

<< 23年ぶり? 線路は続くよ >>